Powered By 村田AIエンジン Produced By DATT Japan

本サイトのリサーチ方法はこちら →

【利用者アンケート募集中です】こちらから

【メルマガ登録】こちらから

「ナノ技術 研究」情報を 27 件お届けします
配信日: 5月7日

全ての光を吸収する究極の暗黒シート

全ての光を吸収する究極の暗黒シート

www.aist.go.jp
  • なお、この技術の詳細は、英国王立化学会の学術誌Journal of Materials Chemistry Cに2019年4月23日付(英国標準時間)でオンライン掲載された
  • なお、この研究開発は、独立行政法人 日本学術振興会の科研費 18K11940 (2018~2020年度)の助成と東京大学大学院工学系研究科原子力専攻が推進する原子力機構・量研施設利用共同研究制度の支援を受けて行った
  • しかし、99 %以上の光を吸収する従来の材料は耐久性に乏しく、一般環境での利用が困難だった
世界初染めない白髪ケア、植物成分が最先端ナノ技術で 毛根組織に ...

世界初染めない白髪ケア、植物成分が最先端ナノ技術で 毛根組織に ...

news.nicovideo.jp
  • jp/東急ハンズ各店 全国の美容サロン など■会社情報株式会社NILhttp://www
  • 【「新製品 SUNAスカルプエッセンス プレミアムシリーズ」】※クラウドファンディングマクアケにてコスメ部門第1位を獲得した大注目の商品です※生活習慣病の予防・改善及び健康増進の成分として利用され、プロポリスなどにも含まれているサツマイモ由来の成分【ジカフェオイルキナ酸】を新配合、有効成分【タラタンニン】の大幅な増量をした、さらに効果が期待できる仕様となりました
  • これは当社と筑波大学生命環境系の磯田教授との共同研究により分かりました(国際特許出願済み)
<山形大>部品コーティング新技術 ベンチャー企業を設立

<山形大>部品コーティング新技術 ベンチャー企業を設立

www.kahoku.co.jp
  • 広瀬教授と共同研究開発を進めてきたコーティング専門メーカー、クリエイティブコーティングス(新潟県長岡市)の坂本仁志顧問が社長に就任
  • 山形大は25日、金属酸化物の膜を室温で形成する新技術で部品をコーティングするベンチャー企業「Cool ALD」を工学部キャンパス(米沢市)内に設立したと発表した
  • 幅広い分野からの受注を見込み、精密部品を大量に一括処理できる新装置の販売も手掛けて6年後の上場を目指す
戦略的創造研究推進事業における2019年度新規研究領域と研究総括 ...

戦略的創造研究推進事業における2019年度新規研究領域と研究総括 ...

www.jst.go.jp
  • JST(理事長 濵口 道成)は、文部科学省が設定した2019年度戦略目標を受け、戦略的創造研究推進事業「CREST」および「さきがけ」において、新たに10の研究領域を設定し、その研究総括を決定しました
  • 本事業は、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的とした基礎研究を推進します
  • ※お問い合わせは、必ず電子メールでお願いします(お急ぎの場合を除きます)
ナノ積層技術の深化で革新的な紫外線カットフィルムを創出/東レ

ナノ積層技術の深化で革新的な紫外線カットフィルムを創出/東レ

news.e-expo.net
  • 【詳細は下記URLをご参照ください(補足資料を含む)】 ・株式会社東レ株式会社    2019年4月23日発表 ・株式会社東レ株式会社   ホームページ 
  • 東レは今後も、「有機合成化学」、「高分子化学」、「バイオテクノロジー」そして「ナノテクノロジー」という東レのコア技術を駆使して、社会を本質的に変える力のある革新的な素材の研究・技術開発を推進することで、創業以来の東レグループ企業理念である「私たちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」の具現化に取り組んでまいります
  • 東レ株式会社は、この度、従来の紫外線カットフィルムに比べて、薄膜でありながら紫外線カット率99
関西大学化学生命工学部・大洞康嗣研究室によるNEDO委託研究 ...

関西大学化学生命工学部・大洞康嗣研究室によるNEDO委託研究 ...

www.u-presscenter.jp
  • pdf▼メディア関連の方▼※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします
  • 【本件のポイント】・有機ケイ素部材(シリコーンなど)の高機能化および安価提供を実現する革新的な触媒技術を確立・簡便操作で触媒のリサイクルが可能で、温度刺激応答型触媒としても利用できる・白金ナノ粒子との混合で、種々のシランカップリング剤合成触媒としても展開可能大洞教授の研究グループで開発したのは、有機ケイ素化合物の合成等に用いられる最も一般的な反応であるヒドロシリル化反応に高い活性を有する「酸化鉄ナノ粒子触媒」
  • 環境面・コスト面に配慮し、高度に制御されたこの製造プロセスの波及効果は極めて大きいと言えます
これでもう細かい傷にも悩まない!ナノプロテクターで貴方のメガネを ...

これでもう細かい傷にも悩まない!ナノプロテクターで貴方のメガネを ...

prtimes.jp
  • また、新規で作成する際は医師の処方箋が必要となり、時間や労力も取られてしまいます
  • 安心の各種認証機関の試験クリアの実績! 検査内容 左上:環境汚染に繋がる有機化学物質を含まない、もしくは基準値以下であることのエビデンス  右上と左下:耐バクテリアに関するエビデンス(約94%のバクテリア(2種類)が減少)  右下:硬化強度テストのエビデンス(H相当の硬度が確認された) リキッド・レンズプロテクターは直接指で触れても害はありません
  • ●高い耐衝撃性・・・一般的なガラスレンズに比べ耐衝撃性は200倍以上あります
光変調器を超省エネ化し、高速高効率な光トランジスタを実現

光変調器を超省エネ化し、高速高効率な光トランジスタを実現

www.jst.go.jp
  • 日本電信電話株式会社 先端技術総合研究所 広報担当
  • 本研究の一部は、科学技術振興機構(JST) CREST「集積ナノフォトニクスによる超低レイテンシ光演算技術の研究(研究代表者:納富 雅也)」の支援を受けて行われました
  • 上記の埋め込みヘテロ技術によって、ナノ光変調器(E-O変換)とは異なる材料であるInGaAs吸収層をナノ受光器(O-E変換)を形成するために埋め込みました
中途半端から“ちょうどいい”へ、ロクハンCBが「R」に進化…ホンダ ...

中途半端から“ちょうどいい”へ、ロクハンCBが「R」に進化…ホンダ ...

response.jp
  • スポーツバイクらしさを追求し、全面刷新!----:開発の狙いは?筒井氏:コンセプトを“都市のライフスタイルに興奮を”にし、各技術領域で進化を遂げています
  • 『CB650R』となってどう変わったのか、実車を見ながら開発責任者(LPL)の筒井則吉氏(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)と、LPL代行・吉田昌弘氏(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)に詳しく教えてもらった
  • 4度上向きになって、乗り手がエンジンサウンドをより楽しめる構造としています
ネクセンタイヤが同社中央研究所「THE NEXEN univerCITY」のグランド ...

ネクセンタイヤが同社中央研究所「THE NEXEN univerCITY」のグランド ...

www.sankeibiz.jp
  • グランドオープニングセレモニーには、ネクセンタイヤ会長のカン・ビョンジョン氏、グローバル最高経営責任者(CEO)のトラビス・カン氏、Korea Employers Federation会長のソン・キュンシク氏、Federation of Middle Market Enterprise of Korea会長のカン・ホガブ氏、ネクセン中央研究所の役員およびスタッフなど300名以上が参加した
  • 【ソウル(韓国)2019年4月30日PR Newswire=共同通信JBN】*同社中央研究所は米国、欧州、中国のグローバルセンターの研究開発拠点として機能する*欧州、米国の研究開発センター、チェコ共和国の工場を含む4つの大規模施設を完成
  • よりスマートな技術への道を切り開くために、様々な施設には、OE/RE製品製造、AIテクノロジー、仮想タイヤ技術などの最適性能を予測し実行することができる研究開発(R&D;)センター、タイヤや車両の性能を評価する性能研究センター、および多様な材料のさまざまなナノやマクロの寸法を分析する素材研究センターなどがある
ナノテクノロジー研究増加率 共同研究が単独研究よりも高い傾向が ...

ナノテクノロジー研究増加率 共同研究が単独研究よりも高い傾向が ...

www.excite.co.jp
  • その打開策として、民間企業と公共機関による共同研究が挙げられていました
  • さらに、アメリカ、フランス、日本などの国はすでに企業と機関の共同研究自体が多く、これによりナノエネルギーに関する研究開発の枠組みやネットワークを構築しており、特許申請も多いことが明らかとなりました
  • ナノテクノロジー分野においては、公共機関が多くの特許を所有しているため、民間企業への技術移転を行うことが難しく、ナノテクノロジー製品の商品化の大きな障壁となってきました
東レ:世界最高レベルの柔軟性を有する新規PPS樹脂を開発

東レ:世界最高レベルの柔軟性を有する新規PPS樹脂を開発

motor-fan.jp
  • 未来を予見する自動車技術情報サイト
  • 東レは、長年の研究・開発で蓄積した技術データベースをもとに設計した革新的なマテリアルデザインと、同社独自のナノテクノロジーであるナノアロイをベースとしたアロイ精密制御技術を用いてポリマー構造を最適化することで、弾性率1,200MPa以下という、世界最高レベルの柔軟性を有した新規PPS樹脂の開発に成功した
  • PPS樹脂は、優れた耐熱性、耐薬品性などの特性をバランス良く有しており、年率約7%で拡大しているスーパーエンジニアリングプラスチック
哺乳動物が裸眼で赤外線感知 ナノ技術が実現

哺乳動物が裸眼で赤外線感知 ナノ技術が実現

www.afpbb.com
  • 成果は2月28日に国際学術誌「セル」の電子版に掲載された
  • 研究は中国科学技術大学生命科学・医学部の薛天(Xue Tian)教授の研究チームと米マサチューセッツ大学メディカル・スクールの韓綱(Han Gang)教授のチームが協力して実施
  • 自然界が動物に与えた視覚感知の物理的限界を突破したと述べた
もうすぐ脳が電脳空間に繋がり「思考のインターネット」が実現すると判明 ...

もうすぐ脳が電脳空間に繋がり「思考のインターネット」が実現すると判明 ...

news.nifty.com
  • アメリカ、カナダ、ロシア、オーストラリアの神経科学者たちによる国際的な研究チームが先日「Frontiers in Neuroscience」で発表した研究では、人間の脳がクラウドコンピューティングにつながる日が今後数十年で実現することを予測している
  • そしてクラウドコンピューティングの膨大な電子情報の中から必要な情報を脳に瞬時に“ダウンロード”することが可能になるということだ
  • かなり技術的には確立されつつあるが、脳内に安全に多くのナノロボットを送り届ける手段についてはさらなる研究開発が必要である
液中のナノメートルサイズの抗体凝集体を観察

液中のナノメートルサイズの抗体凝集体を観察

www.aist.go.jp
  • なお、この成果の詳細は、2019年3月19日(米国東部標準時間)にAnalytical Chemistry (オンライン版)に掲載された
  • 産総研では、バイオ医薬品産業への貢献を目指して、pHシフト操作によるヒトモノクローナル抗体の凝集化機構の解明と凝集体の検出技術、除去技術の開発を行ってきたが、抗体の凝集化機構の理解を深めるため、新たな手法や新たな発想での研究開発も推進してきた
  • また、この研究開発の一部は、独立行政法人 日本学術振興会(JSPS) 科学研究費助成事業(JP15H04365およびJP17H05829)の助成を受けて行った
東京大学生産技術研究所70周年記念展示「もしかする未来 工学 ...

東京大学生産技術研究所70周年記念展示「もしかする未来 工学 ...

www.axismag.jp
  • デザイン専門メディアらしいことから、日々の業務で溢れ出しそうなことまで、メンバーの有り余るエネルギーをもってお伝えします
  • また、同展の関連イベントとして、第4回価値創造デザインフォーラム「もしかする未来」が、2018年12月5日(水)に国立新美術館講堂にて開催される
  • ナノスケールの物理現象から地球環境まで最先端の色々な研究が進められているが、先ごろここにデザインの研究室が加わった
高い透明性と世界最高レベルの遮熱性を両立した革新的な遮熱フィルム ...

高い透明性と世界最高レベルの遮熱性を両立した革新的な遮熱フィルム ...

www.nedo.go.jp
  • 4.問い合わせ先 (本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先) NEDO 省エネルギー部 担当:近藤 TEL:044-520-5281 (その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先) NEDO 広報部 担当:坂本、佐藤、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml
  • 事業情報: 戦略的省エネルギー技術革新プログラム ※2 未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発 プロジェクトリーダー:小原春彦氏(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 企画本部 副本部長) 事業期間:2013年度から2022年度(うち2013~2014年度は経済産業省にて実施) 事業情報: 未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発 ※3 ナノ積層技術 ナノスケール(ナノメートルは10億分の1メートル)の厚さの層を積層する技術です
  • NEDO事業において、東レ(株)は、ガラス並みの透明性と世界最高レベルの遮熱性を兼ね備えた遮熱フィルムを開発しました
物体をナノスケールに縮小できる新技術、MITが開発

物体をナノスケールに縮小できる新技術、MITが開発

www.cnn.co.jp
  • この技術は将来的に、家庭や学校でも簡単に使えるようになると研究チームは予想している
  • この技術の特徴は、レーザーと、子どものおむつに使われるような吸着ジェルのみを使うシンプル性にある
  • これは物体を吸着ジェルに挿入して膨張させ、見えやすくする技術で、今回の研究ではこの工程を逆にたどってナノサイズの物体をつくり出すことに成功した
革新的機能性材料開発のためのマルチスケールシミュレーター群を開発

革新的機能性材料開発のためのマルチスケールシミュレーター群を開発

www.aist.go.jp
  • 今後は共同研究者とともに、開発・公開したマルチスケールシミュレーター群の維持・管理を行う
  • 特に今回開発されたシミュレーター群の主な適用対象は有機・高分子機能材料で、「半導体材料」、「高機能誘電材料」、「高性能高分子材料」、「機能性化成品」、「ナノカーボン材料」などへの適用を想定しており、汎用(はんよう)性に優れる
  • そこで、国内の大学、研究機関や国家プロジェクトで開発された計算シミュレーターを有効活用するため、共同研究により(注1)、これらのシミュレーターの高速化や、目的に応じた機能拡張を行った
 

2019年度「材料の社会実装に向けたプロセスサイエンス構築事業」の ...

www.mext.go.jp
  • なお、本説明会に参加されなくても事業の申請は可能です
  • 本事業では、(1)大学等の研究室において創出され、革新的な機能を有するもののプロセス技術の確立していない材料を社会実装に繋げるため、プロセス上の課題を解決するための学理・サイエンス基盤(「プロセスサイエンス」)の構築を行うとともに、(2)これに基づき、産業界では解明及び解決の難しい基礎研究フェーズの課題への対応や、大学等の研究室において創出された革新的な機能を有する材料に対して社会実装につなぐプロセスを実際に提案できる機能(「産学官からの相談先」)を構築することを目指します
  • (研究振興局 参事官(ナノテクノロジー・物質・材料担当)付)
江崎玲於奈賞に東大生産技術研究所の平川一彦教授 茨城県科学技術 ...

江崎玲於奈賞に東大生産技術研究所の平川一彦教授 茨城県科学技術 ...

www.sankei.com
  • また、つくば奨励賞の実用化研究部門に日立製作所研究開発グループ制御イノベーションセンタの中津欣也主管研究長(50)と日立オートモティブシステムズ佐和事業所パワートレイン事業部の斎藤隆一主管技師(62)の2氏、同賞の若手研究者部門に物質・材料研究機構磁性・スピントロニクス材料研究拠点磁性材料グループの桜庭裕弥グループリーダー(39)を選んだ
  • つくば賞・つくば奨励賞は、茨城県内で科学技術に関する研究に携わり、顕著な研究成果を収めた研究者を顕彰する賞
  • テラヘルツ技術は電子工学や医学、生物学への活用も見込まれ、平川氏の貢献はますます大きくなることが期待されるという
5G用低損失基板に向けた高強度異種材料接合技術を開発

5G用低損失基板に向けた高強度異種材料接合技術を開発

www.aist.go.jp
  • 図1 接合の強さの比較(左)、結合様式の模式図(右上)、作製した接合部材(右下) 今回開発した接合技術は、接合剤を利用した従来処理よりも接合強度が高く、また伝送損失や接合温度およびコストを大幅に下げられる見込みであり、今後は、高周波特性に優れた第5世代通信(5G)基板の環境負荷の小さい高効率の量産プロセスを開発する
  • その技術は常温処理で基材の劣化を回避しつつ、撥水(はっすい)性や親水性などの機能性表面を構築できる
  • 特に近年は金属やガラス、セラミックスの表面に分子接合剤を利用したCB(chemical bonding)技術に力を入れており、既存技術では十分な接合・接着強度が得られなかった材料同士を接着剤フリーで強固に接合させることを可能としている
産総研、5G用FPC向け高強度異種材料接合技術開発

産総研、5G用FPC向け高強度異種材料接合技術開発

eetimes.jp
  • 上図は新開発のプロセス技術、下図は従来法と新規開発プロセスによる接合材の違い 出典:産総研 開発した化学ナノコーティング法は、簡便な装置で効率よく酸素官能基を導入することができる
  • 表面処理剤を用いて平滑性を高める方法も開発されているが、これまでの方法だと接合強度にばらつきが生じるなど課題もあった
  • 今回は、産総研が開発してきた紫外光による表面化学修飾ナノコーティング技術を活用し、高周波用フレキシブルプリント配線板(FPC)を作製するための異種材料接合技術を共同で開発した
ナノファイバーフィルター内蔵のブレスシルバースクエアマスク発売〜体験 ...

ナノファイバーフィルター内蔵のブレスシルバースクエアマスク発売〜体験 ...

www.excite.co.jp
  • 7のタバコの煙など)をフィルタリングするのでフィルター効率が継続的に維持できるのが大きな特長です
  • 花粉や空気中の有害物質から呼吸器を守る確かな方法はマスクの着用ですが、ナノファイバーフィルターを用いた「ブレスシルバー」が反響を呼んでいます
  • jp/?action_Image=1&p=0000193070&id=bodyimage2】【ナノテクノロジーに裏付けされたマスク】繊維研究の世界的権威、信州大学繊維学部と共同研究開発した「ブレスシルバー」は、従来の静電気方式マスク(呼気による湿気や水分に長時間露出するとフィルター性能の機能が急激に劣化する)と違って、気孔サイズ0
半導体量子コンピュータの実現に道筋 理研、東大など

半導体量子コンピュータの実現に道筋 理研、東大など

www.newssalt.com
  • 従来の破壊測定による結果と比較して同程度のエラー率で非破壊測定が実現できていることがわかった
  • これにより半導体量子コンピュータの実用化が進むことが期待できる
  • 本研究の成果は半導体量子コンピュータの実用化に向けた開発を加速させるものと期待できる
生きた真核細胞内でたんぱく質の立体構造を詳細に観測

生きた真核細胞内でたんぱく質の立体構造を詳細に観測

www.jst.go.jp
  • この構造変化は、細胞内では他の分子と相互作用した結果を反映していると考えられます
  • 今回解析したたんぱく質のうち、分子量1万未満の3種(図3:GB1、ユビキチン、TTHA1718注5))について、従来の試験管内での解析精度に迫る正確で高分解能な立体構造を得ることに世界で初めて成功しました
  • 一方、たんぱく質のうち分子量1~2万の2種(HRas、カルモジュリン注6))についても、立体構造変化を観察するための原子間の距離情報の取得が可能であることを示すことができました
 

次世代ナノテクフォーラム2019 未来を拓くバイオナノファイバー

www.aist.go.jp
  • 関西センター > ニュース > イベント